人財マネジメント(職人育成)

「正確な技術力」と「ホスピタリティ精神」をもったプロ人材を育成

・多分そうだろうではなく、自ら突き詰める力を持ち、正確な技術を提供する。(信頼感)

・お客様に対して「分かりやすい」、「丁寧」な説明を行う。(安心感)


◆「住まい」や「暮らし」に関わる幅広い見識を身につけ、多能職を目指す

・自分の仕事の範疇だけでなく、お客様の身の回りの事までフォローできるような職人の育成。例えば介護の事や家事、

子供の教育分野など。

 

◆「自分たちの仕事を振り返る」習慣を作り、スキルアップ

・毎月1回フィードバックミーティングを開催。一か月間自分が携わった仕事の品質や成果がどうであったか、

お客様に喜んで頂けたのか、技術面の共有を行う事で、自分の経験スキルを上げる事と、会社全体の人材力を上げていく。