不要なディスポーザー、そのままにしていませんか?

先日、壊れたディスポーザーを撤去しました。

ディスポーザとは台所の排水口に設置されている排水機器の一つです。

生ごみをそのまま排水口に入れて、水を流しながらディスポーザのスイッチを入れると、
中で細かく粉砕して、そのまま排水されていく仕組みになっています。

生ごみを減らすことができるということで、とても魅力的なディスポ―ザーですが
生ごみなら何でもOKというわけでもなく、誤ったものを流してしまうと
排水管のサイズによっては詰まりが起きてしまうことがあります。

ディスポーザーは更新や設置の際には申請手続きが必要となりますが、
撤去工事は自由に行う事が出来ます。

故障してしまって不便なので、取り外したい」
「取り外したいけど、どこに頼めば良いか分からない」など
ディスポーザーが不要になった時には、お気軽に吉野屋ビルまでご連絡ください。


 

2021年06月11日